ニュース

2016.11.11

お客様の声13

当社は静音・低消費電力かつコンパクト設計のエアーポンプを主に扱っている会社です。


エアーポンプとは空気を圧縮して器外に押し出すポンプで、真空を得る目的のものを真空ポンプ、圧縮空気を得るものを空気圧縮機(エアーコンプレッサー)といい、当社はどちらも取り扱っております。


さらにそれ以外も、浄化槽・燃料電池用ブロワ製造なども取り扱っております。


製品の量産に伴い、今までと比べて製品単体当たりのコストや時間を削る必要がでてきたことで、その製造工程の根本から見直そうとなったことがプラスチック金型メーカーである、株式会社名神精工様との出会いのきっかけです。


今まで私たちはプラスチック金型について、コールドランナー方式というものを採用しておりました。


しかしながら、知り合いの詳しいものに聞いたところ、そのコールドランナー方式では材料費や時間のロスが大きいという事を教えられ、その者が現在提携しているプラスチック金型メーカーさんを紹介していただくことになったのです。


それがこのたびからお世話になる株式会社名神精工様です。


こちらからの相談にも親身になって応答していただき、私たちが抱えている課題解決は、量産金型にホットランナーシステムを導入するのがベストだろうというご意見をいただきました。


これまで使用してきたコールドランナー方式の金型に比べて、生産リードタイム、コストの両方の課題を解決できるとのお話でしたのでぜひとも、その導入を進める形でお願いしました。


そして結果的にコールドランナー方式からホットランナー方式へ金型仕様を変更したことで、成形サイクルをかなりのパーセンテージ短縮することに成功したのです。
しかも製品一個一個にかかる廃材コストなども大幅に節約できるとのことでした。


コールドランナーに比べ初期導入費が膨らみましたが、当社では量産する量自体が数100万~1,000万個を超える生産量であったため、廃棄する樹脂量の膨大さを予想すると、導入費も充分にペイできるものでした。


事前にもコストシミュレーションを行って頂き、ホットランナーの導入費以上に廃材コストを節約できる分が大きくなることを試算し、結果としてトータルのコストを抑えることに成功しました。


いま、より良い地球環境が叫ばれるなか各家庭の排水処理、また人々の健康志向にお応えする数々の商品に私たちのエアーポンプがお役に立てると思いますし、製品の増産傾向はより大きくなっていくものと確信しております。


なので今後の当社の量産体制を支える存在であるプラスチック金型メーカーとして、株式会社名神精工様がお力添えいただけることは誠に心強いことです。

2016.11.10

お客様の声12

当社は世界25ヶ国以上に製造・販売拠点を有する国際的な半導体企業です。デジタル情報家電、ワイヤレス、ブロードバンド市場に欠かせないデジタル信号処理を行うDSPと、それに関連するアナログIC、マイクロコントローラを主力製品としています。


また、家庭用として関数電卓の他、各種の電卓も発売しております。


そしてこのたび、新型の電卓を発売することになり、その際に必要なプラスチック金型のメーカーを探すことが急務になっておりました。


当社の新商品の発売に当たっては、最初は少ない数をまず市場に出し、その売れ行きやお客様の様子を見て、それからだんだんに市場に出す数を増やしていこうという方針でした。


そのため、商品の製造にあたっては、小ロットからでも受け付けてくださるプラスチック金型メーカーが必要となっていた次第です。


そこで重要なプラスチック金型の部分で株式会社 名神精工様にお力を貸していただくことになり、そして結果的にそのお仕事の精緻さにまことに感嘆いたしました。


当社としても製造の過程に置いては受注してくださるお相手様を精査させていただくわけなのですが、そのときに名神精工様の経営理念に非常に感銘を受けました。


もちろん各工程におけるコストの削減というのも大事な問題なので、そういった面においては海外への発注という事も視野に入れておりました。


しかしながらその仕事の精密さに置いてはやはり日本国内のメーカーにお願いする方が断然安心だという結論に行きついたのです。


今までの金型作り・金属加工の製造の考え方を変える。
名神精工にしかないモノ創りを世界に発信する。


そういった確固たる理念は、今までの新興国との激しい価格競争や混沌とする経済状況の中を生き抜いてきたという実績や自負から生まれたものでしょう。


それは実際に仕上がった製品に現れており、世界の人々が、日本の物に安心や期待をしているということの理由を実感させられました。


今後とも末永くお付き合いさせていただきたく存じます。

2016.10.28

お客様の声11

当社は主にワイヤーハーネス(自動車用組電線)を取り扱っている会社で、それ以外にも関連電装部品、及び車載用機能製品群の設計開発、製造販売をしております。


特に今、当社の扱う製品でワイヤーハーネスと同じくらいに主力になりつつあるのが「コネクタ」です。コネクタとは、コンピュータと周辺機器、電子機器などを接続し、電気的に連絡可能とする、接続器のことです。 コネクタは、一般的には、数本から数十本の複数のラインを寄り合わせた伝送線接触させ、信号や電源をやり取りために設けられるものです。


そういったような非常に精密な部品の量産の為には、確かな技術を持ったプラスチック金型メーカーとの提携が早急に必要となっていました。


そして今回、株式会社名神精工様のお力添えもあり、当社のコネクタ部門による新製品ラインナップが滞りなく揃いつつあることを喜ばしく思っております。


実際に名神精工様にプラスチック金型を依頼し、そしてその出来栄えを拝見し、そのお仕事の卓越した技術に感動すら覚えました。


先程も申しあげたとおり、コネクタ部門は当社の主力になりつつある部門の為、その製造過程を受注していただくお相手様に対しては事前の調査などにより特に厳選させていただいております。


国内の金型メーカーとは別に、海外の金型メーカーの技術力向上およびコミュニケーション能力の向上を耳にしたがため、コスト削減という観点から金型の海外発注という選択肢も考えては見ました。


しかしながら、名神精工様の緻密な製品を作る技術力、経験、設備などをお見受けしたところ、やはりこちらにお願いしたいと思い、今回の提携に至りました。


名神精工様からは金型づくり、金型加工の製造への理念のようなものを感じることができました。
そう言ったものは海外の金型メーカーなどとも切磋琢磨しながら、その競争を勝ち抜いていった賜物だと感じ取れております。


仕上がったプラスチック製品を見ても、やはり世界の人々から日本人の技術が比類なきものだと尊敬されていることが如実に感じ取れました。


今後とも末永くお付き合いさせていただきたく存じます。

2016.10.12

お客様の声10

当社は自動車照明器、航空機部品、電子装置・部品等の製造・販売を事業内容としています


特に主力事業は自動車照明器です。ドライバーや歩行者などの命を守るという使命に基づき、日々切磋琢磨の努力をしております。


そしてその使命の実現のために製品製造の根っこの部分から常に最高の状態であることが必要不可欠です。


なので製品製造の源泉である金型メーカーの選択についても、最も重要な要素だと考えております。


今回、探しているのがプラスチック金型において、ダブルモールド(2色成形)の方式を採択できるプラスチック金型メーカーでした。


その方式を採択することによって、成形サイクルが安定し、画一的に高品質な製品をそろえることができるという事をききました。


当社の抱える課題の一つに、コスト削減がありまして、そのためにはこのダブルモールドは金型を考える際に絶対に欲しいものだと考えております。


なぜなら、当社の部品も多種多様化しております。中には複雑にいくつもの金型を作って、それにより何色も成型部品を作ってから組み立てる…


そのようなことをすることで工程数もアップしてコストもアップしてしまうというのが現状だったのです。


それが今回、依頼した株式会社名神精工さんのおかげで、無事ダブルモールドによる成形ができました。


このことによって、コストダウンや製造時間のカットだけでなく、強度的にも、そして造形の美しさ的にも以前のものとは比較にならないくらいでした。これは1回の成形で複数の樹脂を同時に注入成形できると目との説明を受け、なるほどと納得できました。


今回、名神精工さんにお願いしたことで、製品の品質、コスト、製造時間などのあらゆる面が向上できたことに喜びを感じています。


今後も当社は「光による安全な社会」を基本スローガンとして社会の進歩発展に貢献していきたいと思っています。


そのためにも株式会社名神精工さんのお力添えを期待したいと思っております。

2016.09.29

お客様の声9

当社は、設立以来、電気かみそりや美容・健康機器等の製品を開発してお客様にご愛顧いただき、着実に成長を続けてまいりました。ISO9001品質方針「お客様に満足いただける製品をつくろう」を行動指針に、今後も発展していきたいと思っております。


そしてその行動指針を実現するためにはまずは製品づくりの根本から常に最高のラインナップをしなければいけないというのが当社のポリシーです。


そう言った意味では金型メーカー選びもそのポリシーの根幹を為す重要なファクターなのです。


そしてこのたび探していたのがプラスチック金型において、1台の成形機で2種類の樹脂を熱融着する二色成形、いわゆるダブルモールドに長けたメーカーだったのです。
これにより成形サイクルのバラツキがなく、安定した製品品質を得られるとの情報を金型に詳しい者より教えられたためでした。


元々、当社の悩みとして、一つの樹脂部品のなかにいくつもの金型を作って、何色もの成形部品を作ってから、組み立てるのは工程が増えてコストアップだという問題がありました。


しかしながら、今回、二色成形に対応できるプラスチック金型メーカーの株式会社名神精工さんとであったことで、その問題もクリアできそうです。


それまでの当社が使っていた金型工場は、複数色の樹脂は別々に成形、製造していました。そのために金型が色の数だけ必要で、複数倍の金型コストがかかっていました。さらに、それらを接合する場合、後工程でそれらの樹脂成形品を接着、あるいははめ込み処理にて対応していました。そのため、強度が取れず、使用しているうちに壊れてしまったり、また、製造工程も増えるので、コストがかかっていたわけです。


しかしながら、それも名神精工さんに二色成形という形でお願いしたことで、1回の成形で2種類の樹脂を重ねて注入成形できたため、出来上がったものは、樹脂一体成形品と同等の強度を持っていて、仕上がりが美しく、それに経年変化にも強いことが予想される逸品でした。


手間、コスト、品質、全ての面において、名神精工さんにお願いしたことで一挙解決できたことが嬉しかったです。


今後とも長いお付き合いをお願いしたく思っております。

2018 / 12
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 

人気のタグ

ページトップへもどる